水没?ならまずはこれを読んでみよう!

>

復活のためには乾燥あるのみ

乾燥させる方法

1.外に干す
そのまま。外に干すだけのシンプルな方法です。直射日光が当たるとスマホが熱くなりやすいので、風通しのいい日陰に3~4日おきましょう。ベランダなどに干す方は猫の略奪にもご注意ください。
2.乾燥剤
乾燥剤とスマホをジップロックに入れ、密閉する方法です。1~2日放置すれば大丈夫でしょう。
スマホの乾燥に使えるのは「シリカゲル」という種類のものです。それ以外だと発火や爆発の危険もあるので、使う乾燥剤の種類は必ず確認してください。
ちなみに乾燥剤が無いときには生米で代用できます。カップ一杯の生米とキッチンペーパーなどに包んだスマホを、同じくジップロックに入れるだけです。が、細かいお米の粉がスマホの隙間に詰まってしまうことがあるのであまりオススメはできません。乾燥剤はホームセンターでも売っていますから、どうしてもの場合以外には購入したほうが良いかと思います。

リバイバフォン

乾燥させても、中に不純物が残ってしまうことが多いにあります。のちの項で詳しく述べますが、この不純物は悪さをすることが多々あるんです…
でも実は、その不純物を取り除くことができる「リバイバフォン」という便利な液体があります。通販などで簡単に入手できるものなのですが、なんと90%のスマホが復活するとのこと。ただし、水没から一週間以内の、ショートを起こしていない端末に限られますが…それでも条件さえ満たしていれば90%は復活するのですから優れものです。
使い方は簡単です。専用の液体を入れたアルミパウチにスマホを入れて7分漬けたあと24時間乾燥させるだけ!たったこれだけで復活する確率が上がるのですから、万が一に備えて買っておくのも手ですね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る