水没?ならまずはこれを読んでみよう!

>

その悲劇は誰にでも起こりうる

NGこれをやってはいけない!

1.振る
これはやってはいけないことランキング堂々第一位を獲るくらいのNG行動です。ショートまっしぐらです。もうこれをやったら復活はほぼ無いと思ってください。
とはいえ、やってしまいがちなんですよね。「中の水出さなきゃ!」って真っ白な頭で考えた結果、振って出そうとしてしまう方は多いかと思います。お気持ちとてもわかります。私もやりました。デビュースマホがうんともすんとも言わなくなりました。止めましょう。
2.電源を入れる
先ほど「振る」のが第一位だと言ったのですが、実はこれも同じくらいNGなんです!でもこれもとてもやりがちですよね。無事を確かめたい一心で画面が点くかどうか試してしまう方、多いと思います…でもストップ!スマホにおいて安否確認は絶対NGです!ショートを引き起こして故障する確率大。安否確認でトドメを刺してしまわないようお気を付けください…

まずはこれをやろう!

1.電池パックとSIMカード・SDカードを抜く
特に電池パックは中の電気が漏電してショートする恐れがあるので真っ先に抜きましょう!最悪の場合膨張して破裂してしまうこともあり、大変危険です。
SIMカード、SDカードはともに金属の端子で読み書きをするものです。入れっぱなしにしておくと金属が水で腐食したり、ショートを起こす危険もあります。さらにSIMカードは読み取れなくなるとカードの代金が別途発生することがあります。でも気を付けてください!焦って勢いよく取り出すとその衝撃で内部に水が入ってしまう恐れがあります!そっと抜き取ってくださいね。
2.水分を拭き取る
電池パック等々を外したら、次はタオルなどで可能な限り水気を拭き取りましょう。見逃しがちなのがイヤフォンジャックやUSB端子。ここから本体に水が浸入しがちなので、こより状にしたティッシュなどでしっかり拭き取りましょう!


この記事をシェアする
TOPへ戻る